« October 2004 | Main | December 2004 »

November 16, 2004

【シネコン】シーズ・シネマズ社長

○●● ガイアの夜明け BOOK版 ●●○

ガイアの夜明けみたよー。

ダイエー特集。

そこで、元ダイエーの副社長である、平山敞さん

っていう人がインタビューしてたんだけど、

この人、どっかでみたことある~って思ったの。

そしたら、サミーグループのアパンダっていう会社の社長だった。

なんで、アパンダっていう会社を知っていたかっていうと、

このアパンダと映画会社の東映がシーズ・シネマズっていう会社を

設立したんだー。

映画ビジネスファンというか、東映ファンの、自分にとっては

このニュースが

インパクトに残ってたし、平山敞さんの顔がインパクトあったから

覚えてたんだー。

シーズ・シネマズに期待ですねー。

元ダイエー副社長が社長だったなんて、びっくり。

とりあえず、東映のプレスリリースはこちらです。

| | Comments (48) | TrackBack (2)

November 13, 2004

【ショートフィルム】銭湯物語・純情魔女

鑑賞日:2004年11月10日 
映画館:青山 Short Film Cafe @LOOP

 オススメ→ ☆★☆クリスマス特集2004☆★☆

久々に、青山にあるショートフィルムカフェにいってきたのさ。
7月の終わりぶりに行ったんだけど、店員さんが覚えてくれてて
こえかけてくれたの。すっごい、うれしいね。またいきたくなる感じだよ。

で、このショートフィルムカフェは、青山学院大学の青山キャンパスのすぐ横にあるセブンイレブンのビルに地下にあるんだけど、ドリンク頼めば、ショートフィルムを無料で鑑賞できるんだ。
学割がきくから、学生さんは500円でドリンク頼めるよ!(と軽く宣伝w)

今回みた作品を紹介します。


「純情魔女」

監督:樋口テツシ 15'00
(C) FOT All Rights Reserved.
山田はアヤカとのデートで彼女を送り届けたあと、ひょんなことからそのアヤカが別の男と出かけるのを目撃してしまう。翌日問いただそうとアヤカの家に行ってみると、そこにいたのは普段の清純そうなイメージとはかけ離れた、下品でパカパカ煙草を吹かしているアヤカだった…。
http://www.indies-robo.com/fot/ (開店休業中)


脚本がすっごい好き。そして、女性の恐ろしさをシミジミ感じてしまう作品でもある。
ユーモアに女性の裏の姿を描いてる。

「銭湯物語」

監督:清水和貴 15'08
(C) Kazutaka Shimizu All Rights Reserved.
「光り輝く人間の瞬間を描きたい」という監督の想いのもと制作された作品。ノスタルジーであったり、恋心であったり、多くのモノを感じられる。汗に、洗剤に、汚れにまみれても、鮮やかに、軽やかに風呂を磨く少女に、きっと恋をしてしまう。
第5回小津安二郎記念蓼科高原映画祭第1回短編映画コンペティション グランプリ

銭湯という場所で、過去と未来が交差する。少女と少年の強いキズナを感じる。
最期のシーンにドキドキ。いいなー。銭湯。

「チキン・レース Roslyn」

監督:ウィル・カノン 25:34 アメリカ
(C) 2001 Hypnotic/Wil Cannon. All rights reserved.
男の度胸って何?コンビニ前に停まった車。車内の若者3人組。
仲間に腰抜けと呼ばれたくないばかりに、銃を片手に覆面なしで店内へと乗り込んだ彼だが…。
2002 クライスラー・ミリオン・ダラー・フェスティバルトップ10 準優秀賞 / 2001ワールド・ヒューストン国際映画祭 ドラマ部門・監督部門・作品部門 各最優秀賞
2001USA映画祭 最優秀賞 / 2001スラムダンス映画祭 最優秀短編賞 / ほか各国の映画祭正式出品作品

ハラハラドキドキ。これぞ、チキン・レースって感じです。


その他にも、アメリカ版のチョー面白いドッキリ作品。
パンクト ファースト・シーズン


や金・土曜限定で
ポルノ☆スター ロン・ジャーミーの伝説

ゼロ・デイ

といった作品を上映してますよ。

ショートフィルムカフェで会いましょう!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« October 2004 | Main | December 2004 »