« January 2005 | Main | May 2005 »

April 14, 2005

【映画】ブルー・エンカウンター

香港映画?ハリウッド映画じゃなにの系映画。

>>「ストッケ全商品お買い得」MKマエダの収納家具も30%特価でお買い得でした!


久々にテレビ東京の午後のロードショーを鑑賞。

昼間っからテレビで映画を放映してくれるテレ東って素敵☆

で、今日見た映画は、

ブルー・エンカウンター
衛斯理藍血人/THE WESLEY'S MYSTERIOUS FILE

2002年 香港

(監督) アンドリュー・ラウ
(出演) アンディ・ラウ
     ロザムンド・クワン

ストーリー サンフランシスコにある国連の地球外生物分析局に勤めるウェズリーは、 掘り出し物があるという骨董屋で、 青く光る手の骨を見せられる。ちょうどその時、 美しい女性が来店し骨を買っていった。女性のことが気になったウェズリーは彼女を追いかけるのだが、 突然現れた凶暴なエイリアンが立ちふさがる。このピンチに先ほどの女性が現れ、 不思議な青い光のパワーでエイリアンを撃退した。彼女は600年前に地球を訪れた異星人だという。この事件をきっかけに、 ウェズリーは地球の存亡をかけた大事件に巻き込まれていく…。 原作者のニー・クァンは香港のSF作家。ウェズリーを主人公にしたシリーズは90冊を越える人気作品となっており、 いくつかの作品は既に映画化されている。本作では、 アンディ・ラウ、 ロザムンド・クァン、 スー・チーという香港のスターが顔を揃え、 豪華な作品に仕上がった。派手なアクションと予測不能のストーリーで、 最後まで楽しめる娯楽作品だ。

感想
香港映画なんだけど、舞台がアメリカなのでハリウッド映画のような感じ。
いた、舞台だけじゃない、ストーリーもハリウッド映画そのもの。
もう、香港映画とはいえないであろう。
特に独創性はないけど、昼間に見るなら許せるレベルかな。

━━━[PR]━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     ■□■     春のプレゼントキャンペーン   ■□■  
        
         現金3万円やiPod shuffleいろいろ当ります!
------------------------------------------------------------------------
  しかも、申し込みは超簡単!たったの15秒!期間限定だからお早めに!
     ━━━━━━━━━━━━━  ┏━┳━┳━┳━┳━┓
     プレゼントもらっちゃおう≫  ┃楽┃天┃フ┃リ┃マ┃
     ━━━━━━━━━━━━━  ┗━┻━┻━┻━┻━┛
   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━[PR]━━━

| | Comments (12) | TrackBack (1)

April 07, 2005

【映画】ハイド・アンド・シーク/暗闇のかくれんぼ

ありがちなストーリー

※DVDボックスが今、熱い→スターウォーズ トリロジー DVD-BOX ほか※

鑑賞日:2005年3月1日 
映画館:Hoyts Warringah Mall Cinema04(オーストラリア)

解説: ハリウッドの人気子役のダゴタ・ファニングと名優ロバート・デ・ニーロが競演を果たしたサスペンス・スリラー。監督は『プール』のジョン・ポルソン。恐怖をあおるジョン・オットマンのスコアも秀逸。ブルネットのかつらをつけ、心を閉ざした少女になりきったダゴタの演技は必見。先の読めないストーリー展開に最後まで目が離せない。

ストーリー: 母親を亡くし、田舎にやってきた父と娘。娘のエミリー(ダゴタ・ファニング)は、チャーリーというの名の友達が出来るが、その姿は父親(ロバート・デ・ニーロ)には見えなかった……。

感想
オーストラリアでひと足先に見てきました。
英語力がそんなにないけど、字幕なしでもなんとか理解できました。
でも、ストーリー的にありがち。ってか、世にも奇妙な物語で、似たような話があったような・・・ってくらいありがちな話。
そんなことより、オーストラリアの映画事情を語りましょう。
オーストラリアでは、毎週火曜日がサービスデイ。
映画館によって値段が違うけど、自分が見た映画館(シネコン)のHOYTSでは、毎週火曜日は5ドル(400円くらい)とかなり安い。ほかの物価は日本とあまり変わらないから、いかに日本の映画料金が高いかわかるはず。日本も映画館同士の価格競争がおこればもっと安くなると願うしかないかな。

関連リンク
ホラー番長 DVD-BOX
(ホラーはやっぱり和製ホラーでしょっ?)
20世紀ホラー映画大全
(歴史に残るホラー映画を!)

| | Comments (3) | TrackBack (6)

« January 2005 | Main | May 2005 »